• TOHOKU IGNITION スペシャルツアー

    テロワージュ仙台

  • 究極の美味しさは産地にあり!

    テロワール(気候風土と人の営み)

    ×

    マリアージュ(食とお酒のマッチング)

    テロワージュ(美味しい食とお酒を楽しみに東北へ!)

    東北を襲ったあの震災から、もうすぐ7年が過ぎようとしています。

    しかし、いつまでたっても東北のイメージは「復興の道半ば」。

    わざわざ訪れる意味って…と思ってしまう土地かもしれません。

     

    そこで、私たちTOHOKU IGNITIONサポーターが感じている、東北の魅力を、全国の、そして世界の方々に知ってもらい、もっと東北を元気にしたい、と考えました。

     

     

    今回注目したのは、仙台のおいしい【食】。

    この寒い時期の仙台だからこそ味わえる、極上の食材たち。

    さらに、ただ味わうだけでなく、生産者の方々がどのような想いをもって生産されているのかという背景を知ったうえで、お酒とのマリアージュを楽しむ、感動するような食体験をお届けします。

  • タイムスケジュール

    2018年2月10日(土)10:30〜21:00

    1

    食材の背景を知る

    11:15 仙台駅集合、ツアー開始

    11:30~12:30 ランチ

    12:30~17:00 生産者の方々の元を訪問

     

     3チーム(仙台苺、松島牡蠣、仙台牛)に分かれ、美味しい食材がどのように育てられているのか、震災後どのように復興してきたのか、生産者の方々の想いとともに背景・ストーリーを伺います。

     

    2

    テロワージュパーティ

    17:00~20:00 テロワージュパーティ

    @東北農場バル1号店

     

     先ほど伺った生産者の方々の想いをまとめて参加者自身がプレゼンテーションし、仙台で作られているお酒とともに味わうパーティーです。

    調理は仙台の究極の美味しさは産地にあり、を実感してください!

  • 食材・お酒を提供いただく生産者

    岩佐 隆氏

    山元いちご農園株式会社

    代表取締役

    東北有数のいちごの生産地であった、宮城県亘理郡山元町。

    震災により壊滅的な被害を受けたこの地で、山元いちご農園を立ち上げる。

    現在はいちごを軸にやまもとワイナリー・ハーブやバームクーヘンなど、年間を通して幅広く楽しんでもらえるような観光農園を目指している。

    高橋 洋氏

    有限会社長石商店

    代表取締役

     父の体調不良を機に、勤めていた証券会社を辞めて牡蠣養殖の道に。

    その後、東日本大震災による津波で船や工場を流され、甚大な被害を受けたが、牡蠣づくりへの情熱と周囲からの支援で、再び生の牡蠣を届けられるまでになった。

    ほかの地区ではしていないさまざまな技術と手間を加えた牡蠣は、身が大きくて歯ごたえも良く、旨みや甘みが濃いのにさっぱりした味わいが楽しめると人気を集めている。

     

    千葉 孝幸氏

    仙台牛肥育農家

     宮城県の銘柄牛である「仙台牛」は最高ランクの5等級のみのブランドであることから、常に大会での上位入賞を目指し、仲間と切磋琢磨。

    また、子牛も宮城県内の家畜市場から導入することで「みやぎ生まれみやぎ育ち」の「仙台牛」にこだわり、餌にお米を与えることで旨味にこだわった肥育を行なっている。

    牛がゆったりと過ごせるようにと牛舎を隅々まで手入れしており、牛舎内は牛特有の匂いがしないほど。

    佐浦 弘一氏

    浦霞醸造元 株式会社佐浦

    代表取締役社長(13代目当主)

     日本コカ・コーラ株式会社を経て、株式会社佐浦入社。専務取締役就任。2002年より代表取締役社長就任。

     日本のみならず海外にも日本酒の良さを広めていこうと取り組んでおり、観光光庁酒蔵ツーリズム推進協議会 委員としても活躍している。

    テロワージュのコンセプトに共感し、「テロワージュ塩釜」も計画中。

    毛利 親房氏

    株式会社仙台秋保醸造所

    代表取締役

    1968年 ワシントン州シアトル生まれ。

    2003年から仙台市の設計事務所に勤務。

    震災を機に、宮城県唯一のワイナリー設立を決意。設計事務所を退職し、2015年12月にワイナリーをオープンした。

    ワイナリーを中心に東北に賑わいを創出したい、と様々なイベントを企画している。

    テロワージュというコンセプトの起案者であり、強い思いと実行力で周囲を巻き込む起業家。

  • 食材に魔法をかけるシェフたち

    仙台のミシュラン一つ星レストランで腕をふるうシェフと

    マリアージュを提供するソムリエ

    伊藤 雅弘氏

    炭火焼料理と旬の魚 三丁目 小福 ソムリエ

     

    ミシュランガイド宮城2017にてビブグルマンに選ばれた小福。炭火焼料理と旬の魚、それらに寄り添うお酒とワインを提案している。

    渡邉シェフと一緒にマリアージュイベントを企画するなど活躍の場を広げながら、全国各地の酒造巡りも行っている。

    お酒に合う料理と料理に合うお酒の両方を知り尽くした、シェフとのハブとなるソムリエ。

    臼田 雅氏

    日本料理e.(イーピリオド) 板前

    Trattoria S シェフ

     

    ミシュランガイド宮城2017にて1つ星を獲得しているe.では、故(ふる)きを温(たず)ね、新しきを知る、古典にとらわれない「おいしい」を届けることを目指している。

    最近では、自分の料理を作りたいという想いが募り、定休日のお店を借りた”やどかり営業”を実現させた。

    塩一つにもこだわる、笑顔が素敵な女性日本料理人。

    渡邉 政也氏

    Nacrée /caraque スーシェフ

     

    ミシュランガイド宮城2017では1つ星を獲得している「nacrée」。料理の本質を追求する精神で、余分なものは削ぎ落し素材の真実に近づく料理を提供している。

    コース料理を提供するテロワージュパーティでも腕をふるう、確かな腕と熱い想いを兼ね備えた明るいシェフ。

  • テロワージュみやぎ

    アンバサダー(大使)

    今回のイベント企画・運営を行った

    TOHOKU IGNITIONスペシャルサポーターたち

    味岡紗貴子

    伊藤知裕

    奥村園子

    今野勇希

    鈴木智良

    高森静香

    本多智訓

    松井孝憲

    参加したアナタ

    今回イベントに参加してくださったみなさんが、このイベントのアンバサダーです!

    東北に遊びにきて、東北の良さを知って、友達や家族を誘って一緒に東北に遊びにいき、美味しいお酒と美味しいお料理を現地で楽しみましょう!